OUR PROGRAM

SPIRE HRM Design Program

企業向けプログラム

Next Life Design Program

生活者向けプログラム

Region of Choice Design Program

自治体/地域向けプログラム

 

 

 

WHAT IS WORKATION?

「あなた」、「仕事」、「地域」を繋ぐマグネット

ワーケーションで相乗しあう

地方に来る人、住む人、働く人が
その地域の魅力と特徴によって
繋がりあうことで地域の力が増します。
その為に何をどの順番で推進すれば良いか
私たちが分析・提案します。

ワーケーション推進の窓口役

ワーケーション自治体協議会と連携し、
各自治体の悩み解消のための講演活動や
アンケートによる実態把握と
ポイントの共有を行います。
ワーケーション推進に関する悩み全般の
相談窓口になり、課題解決に役立つ
情報共有やプレイヤーとのつなげ役を担います。

モデルケースから学ぶ

ワーケーション推進をリードする地域、
手を取りあえるような企業を
モデルケースとして紹介します。
モデルケースから学べる知見を
各地域に共有します。

プラットフォーム

ワーケーション自治体協議会、
行政機関、ワーケーション関連基盤事業社、
ワーケーション関連スマート事業社による
連携基盤を作ります。
様々なビジョンや構想を具体化し
実現するための基盤創りの輪を広げるため、
様々な活動にご参画いただける
みなさまのご参画をお待ちしております。

 

  “あなたと仕事が変わる、

 

  地域と暮らしが変わる、

 

 日本が変わる”

 

 

学びを共有する

地域・企業・個人の適切なマッチングを

FELLOW

ワーケーションを多様な
視点で研究・提言と人材育成を実現するための
フェローを設置

SCHOOL

官(国や自治体)の政策立案に関係する方や
企業の人事担当や本市場事業創出担当者、
ライフスタイルチェンジを考える方々への
学びのカリキュラム(有償・無償)

私たちの目的

ワーケーションを通して

1ST PURPOSE

都市集中から地方分散へ
多様な視点から具体的な方法への
研究・提言と人材育成
⇒ 都市型ディベロッパーや、
都市大手企業の課題解決

2ND PURPOSE

自治体や企業がその環境を活かし
ワーケーションを実現する
研究・提言と人材育成
⇒ 自治体や地方の宿や拠点運営会社、
交通や飲食物販店などの課題解決

3RD PURPOSE

「Wellnessや暮らし方、
働き方を変えたい」という
個人のライフスタイルチェンジの機会提供
⇒ Work in Life (新しい働き方)を
知りたい学びたい実践したい人たち

 

 

ABOUT US

一般社団法人 dialogue

設立:2020年11月11日
所在地:福島県会津若松市中島町2−52

新しい暮らし方が拡がっています。
都市集中型社会から、地方分散型社会へ。
COVID19の出現は遅れていた地方分散への動きを加速させるきっかけとなりました。

いま日常の暮らしの中に広がりつつある新しい言葉があります。
「ワーケーション」です。

WORK(働く)という言葉とVACATION(休暇)という単語を組み合わせた新しい言葉です。
ワーケーションは非常に広い価値観の言葉です。
市民からでも事業者からでも地域からでも自由に関わり表現することが可能な概念です。

そこでわたしたちは地域創生とそれらに関わるひとりひとりのウェルビー イング向上に活かすことを
目的とし“一般社団法人dialgue”を設立いたしました。

第三者的な視点から市民・事業者・自治体・行政機関など
それぞれの構想するワーケーションをともに考えアドバイスします。
効果的な方向性を示し、多角的視点で具体的なアクションへ繋がるネットワーキングを提供します。

その役割を実践するための運動体として『Japan Workation Academy』を開設いたしました。
メンバーの経験と知見を活かしワーケーションを未来の日本を見つめ
価値ある変革となるようサポートします。

求められるプロジェクト像を共に考え、体系化し
政策提言として関係機関に働きかけていきます。

私達は多様化する価値観の中で自分と自分以外の人々との関わりを通じて、
自身を見つめ100年時代を迎えたと言われる長い人生を、
高い自己肯定感と幸福度をもって生きる世界を目指します。

共に生きる人々で満たされる利他的共創社会を実現させるため、
知的活動機関として様々なプロジェクトに取り組んでまいります。

代表理事 島田由香

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス
株式会社 取締役・人事総務本部長

1996年慶応義塾大学卒業後、株式会社パソナ入社。2002年米国ニューヨーク州コロンビア大 学大学院にて組織心理学修士取得、日本GEにて人事マネジャーを経験。2008年ユニリーバ入 社後、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、 HRダイレクターを経て2013年4月取締役人事本部長就任。その後2014年4月取締役人事総務本部長就任、現在に至る。学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・ 組織にかかわる。日本の人事部「HRアワード2016」個人の部・最優秀賞、「国際女性デー| HAPPY WOMAN AWARD 2019 for SDGs」受賞。米国NLP協会マスタープラクティショナ ー、マインドフルネスNLP®トレーナー。

Team WAA! (https://team-waa.com)
YeeY (https://yeey.co)

副代表理事 谷川じゅんじ

スペースコンポーザー/
JTQ Inc. 代表

2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設立。“空間をメディアにしたメッセージの伝達” をテーマに、さまざまなイベント・商空間開発・都市活性化事業・地方活性化プログラ ム・企業ブランディング等を手掛ける。独自の空間開発メソッド「スペースコンポーズ」を提 唱、環境と状況の組み合わせによるエクスペリエンスデザインは多方面から注目を集めてい る。現在、CCC MARKETING HOLDINGS(株) CCO、一般社団法人Media Ambition Tokyo代表理事などを務める。

JTQ Inc. (http://jtq.jp)

専務理事 本田勝之助

本田屋本店
四代目代表取締役

地域プロデューサーの先駆けとして常にそのモデルを地域へ示し続け、農業から教育、伝統工芸、観光、移住、輸出、インバウンド、スマートシティーまでその領域は幅広いのが特徴。 会津福島をはじめとする全国(新潟県、三重県、広島県など30地域)の農産物・加工食品、 伝統工芸品、観光など総合的な地域(都市)ブランド戦略の専門家。幅広い分野の商品開発・ブランディング・海外輸出・インバウンド戦略や企画展示PR、販路マッチング等を行う。地域の課題や資源に合わせて専門家チーム(国内外)を作り各種プロジェクトに当たる。多岐にわたるネットワークの豊富さと長年の地域プロデューサーとしての実績による幅広い課題解決ノウハウの蓄積が強み。

本田屋本店 (http://hondaya.jp)

OTHER SERVICE

研究成果や担う役割

様々な受け取られ方をする「ワーケーション」。
「ワーケーション度」を定義することで
多様な視点を明確に事例として示し
有効なベンチマークとするために
「アワード」を設置し、
深く紹介し、その価値を広く広めます。
各カリキュラムの受講や実績を踏まえ、
専門性を身に着けているとの証書など
学ぶ励みとなるスキル証をお渡しします。

データ活用

生体データや生産性、
嗜好性などデータを取得活用し、
生産性や創造性、Wellness向上等の
ソリューション企業との連携を推進、
スマートシティー化によるデータ連携を促進します。
ソリューション化させたい企業や地域を
サポートします。
(会津地域スマートシティー
推進協議会等との連携)

スポンサー制度

国や自治体がワーケーションを推進する上で
第三者の客観的な評価や
コーディネート役が求められています。
スポンサーの企画やProject、
商品やサービスを磨き上げる
サポート・PR役を担います。
人材の育成を担います。
多様なKnowledgeが集積し、
キーパーソンが集います。
スポンサーの人材育成をスクール形式と
インターンシップ形式によって行います。
競合他社よりも、先んじて磨き抜かれた実績や
企画提案の機会提供を行い
事業競争力向上をサポートします。