Case Study 02

デジタルによるスマートシティを目指す会津若松市

産官学金労言が一体となった地方創生を推進。

地方創生のモデル都市となり、他の地域へ展開可能なモデルとなることを目指しています。

 

会津若松市では、ICT(情報通信技術)や 環境技術などを、

健康や福祉、教育、防 災、更にはエネルギー、交通、環境といった

生活を取り巻く様々な分野で活用し、

将来に向けて持続力と回復力のある力強い地域社会と、

安心して快適に暮らすことのできるまちづくりを進めています。

 

 

 

少子高齢化を乗り越え持続可能な地方創生を実現する「Smart City 5.0」

2011年3月11日の東日本大震災からの復興支援策としてスタートした

会津若松市のスマートシティプロジェクトは、

単なる“復興”にとどまらず、データとデジタルテクノロジーを活用して

地方創生を図る「SmartCity5.0」と呼ぶ動きへと進化しています。

会 津若松市が取り組んでいる課題は、

日本の多くの地方が抱える課題との共通点が多く、

会津若松市が目指すSmartCity5.0は、

日本の活性化に不可欠な地方創生を実現するための、

新しいまちづくりのあり方を示しています。

コメントを残す